陸上競技部 短距離

活動日時

月曜日~金曜日  (16:00~18:30)
土・日  (9:00~13:00)

練習内容

【W-UP】
バトンjog リレー形式jog,WS
各種ダイナミックストレッチ、体幹トレーニング、スプリントドリル
【種目練習】
スタートダッシュ、バトンワーク

短距離 スタートダッシュ、バトン練習、加速局面、第二加速局面、最大疾走速度局面、速度維持局面のトレーニング
ハードル スタートダッシュ、バトン練習、ハードルドリル、ハードルアプローチ、速度維持のトレーニング
跳躍 実践トレーニング、ジャンプ系トレーニング、ドリル
投擲 実践トレーニング、チューブ等を使ったドリル、ウエイトトレーニング
サーキット、補強などの体力トレーニング
体の効率のよい使い方を意識した、体幹トレーニング

試合期、試合準備期、オフシーズンによってトレーニングがさまざま変化します。
試合前の調整は個人の特性に応じて個別に行っていきます。技術指導も個々に課題を明確にし、各選手の自立したトレーニングをコンセプトにしています。

部活動指導方針

〇陸上競技を通じて豊かな人間形成をする
〇チーム一丸となり、個人、リレー、チーム総合の全国優勝を目指す。
〇個々の自己記録を更新し、陸上競技を楽しむ。

最近の大会実績

平成23年度 全国高等学校総合体育大会 男子総合 2位
トラックの部 優勝
男子100m、200m 優勝
男子4×100mR 2位
女子100mH 6位
女子走高跳 6位
女子4×100mR 4位
 〃 国民体育大会 少年A 100m 2位
少女A 100mH 7位
少女共 走高跳  4位
平成24年度 千葉県高等学校総体  男・女総合優勝(2年連続)
平成25年度  インターハイ  男子1600Mリレー 4位
 〃  全日本ユース  女子三段跳 8位
平成26年度  全日本ユース  男子200m 7位
 〃  全国高校選抜大会  女子三段跳 8位
 〃  国民体育大会  男子100m 出場
平成27年度  インターハイ(7/29~) 円盤投 7位
女子4×400mR 8位
国体 女子4×400m 8位
日本ユース 女子400mH 7位
女子400m 7位
女子400mR 7位
平成28年度 インターハイ 女子高跳 準優勝
400mH 4位
女子4×400mH 4位
男子三段跳 7位
女子4×400mR 7位
女子200m 8位
女子総合 4位
国体

成年女子走高跳 3位

日本ジュニア 男子三段跳 5位
日本ユース 女子400mH 準優勝
女子走高跳 7位
日本選手権リレー 女子4×400mR 6位
平成29年度 インターハイ 男子110mH 準優勝
女子走高跳 5位
女子100mH 6位
女子4×100m 8位
国体 女子走高跳 4位
男子110mH 5位
女子100m 6位
U18-20日本選手権 女子走高跳 準優勝
男子110mH 3位
女子走高跳 3位
女子4×100mR 3位
女子100mH 3位
男子4×100mR 5位
男子400m 6位
U20日本室内陸上 女子走高跳 優勝
平成30年度 インターハイ 男子400m 4位
男子4×100mR 4位
男子4×400mR 6位
女子100mH 優勝=日本高校記録
女子100m 準優勝
女子200m 3位
女子走高跳 5位
女子総合 3位
国体 女子100mH 優勝
女子100m 準優勝
U18日本選手権 女子100m 準優勝
女子200m 優勝
女子400m 8位
女子100mH 6位
女子4×100mR 5位
U20日本選手権 男子400m 7位
女子100mH 優勝
大阪室内陸上 女子60mH 優勝=U20日本新記録
小林歩未 日本陸上競技連盟 ダイヤモンドアスリート選出
令和元年度 千葉県高校総体 男女4×100mR アベック優勝
日本陸上競技選手権 女子200m 準優勝
女子七種競技 9位
インターハイ 女子七種競技 準優勝
女子100m 4位
女子200m 4位
女子100mH 4位
女子4×400mR 4位
女子総合 3位

年間の主な活動・部活行事

合宿 年4回実施 3月、8月、12月、1月
遠征 インターハイ、全日本ジュニア・ユース、関東大会

ページ上部へ戻る