お問い合わせ・アクセス モバイル サイトマップ
 
      
            ホーム > 学校案内 > 学校長挨拶
平成29年4月
 

市立船橋高等学校のホームページにアクセスいただき、ありがとうございます。
 本校は、都市と自然が調和した暮らしやすく、市民のあふれる創意と意欲のあるまち、船橋市唯一の市立高校として、創立61年目を迎え、今年度は60周年記念行事を開催致します。
 現在、普通科・商業科・体育科の3学科に、1200余名の生徒が在籍し、「チームいちふな」の合い言葉のもと、それぞれ特色のある学校生活を送っています。
 さて、本校は、昨年度から更なる飛躍をするための学校改革に取り組み、以下の改変を行いました。
①単位制の導入(学年制から移行し、進路希望や生徒のニーズに応じた多様な選択科目を設置し、生徒が主体的に意欲を持って学習できる体制を構築しました)。
②普通科における特色あるコース制の設置(1つは国公立文系を目指す「進学αコース」の新設、2つ目は、これまで普通科に設置していた「留学教育コース」を発展させ、グローバル人材の育成を目指し、英語教育に特化した「国際教養コース」に改編しました。他に文系・理系コースを設置し、千葉商科大学、千葉工業大学、神田外語大学との間で結んだ高大連携協定を活かしつつ、生徒の進路実現を目指した特色ある教育課程を編成しました)。
③普通科の学区拡大(普通科の学区を平成29年度入試から、船橋市市内限定から市内県立高校と同様に、第2学区及び隣接する第1・3・4学区へと拡大いたしました。なお、商業科・体育科は従来どおりの全県学区です)。
④普通科の船橋市内中学生優先入学制度(学区拡大に伴い、市立高校として募集定員の一部について船橋市内の中学生を優先するものです。学区拡大のメリットを最大限活かしながら、市内中学生へ配慮しています)。
 以上、新たな四本の矢を放ち、「新生いちふな」を目指してまいりますが、市船の現在のストロングポイントである現役での進路決定率95%(平成28年度卒業生は97%)以上の維持、就職内定率100%やスポーツ活動、文化的活動の更なる充実、高度資格取得や商品開発能力の向上等も同時に目指してまいります。
 その他、センター試験対策として、昨年度より予備校授業の導入(今年度は国・数・英の3科目に加え小論対策講座の実施や60周年行事に合わせ「新生いちふな」をシンボライズする新第3体育館(国際規格の体操施設・吹奏楽部の練習場として利用できる多目的ホールを備える)の完成(平成29年12月)等もあり、充実した高校生活が過ごせる学校です。
 この改革は、わたしにとって構想より十数年来のライフワークでもあり、その実施に立ち会えることは、大変光栄なことだと思っています。何事にも全力で取り組み、一人一人が大きな夢を持って生活しているのが「いちふな」の伝統です。今年も、生徒・職員の達成感にあふれた多くの笑顔に接することを楽しみにしています。
 なお、こうした活動を支えてくださった保護者の皆様や地域の方々には、日ごろからのご理解・ご協力に対し、改めて感謝申し上げます。引き続き、多くの方に愛され、関係者の誰もが誇りに思え、納得のいく人生を送る出発点としての学校づくりに取り組んでまいりたいと考えております。
 何卒、よろしくお願いいたします。

 平成29年4月

 
校  長  赤 熊 一 英 


  船橋市立船橋高等学校

       〒273-0001  千葉県船橋市市場4-5-1    TEL  047 (422) 5516 / FAX  047 (422) 9129 
 
 Copyright © 2012 Funabashi Municipal High School All Rights Reserved